2006年08月27日

深緑堂の人々その2!

はいっ、それでは深緑堂キャラ紹介第二段がやってきました!
残りの皆を紹介したいと思います
ではでは、どぞー


・神楽声本(ささもと) ショコラ

愛称ちょこ、さつきのケーキ屋でアルバイトとして働く女の子
可愛らしい容姿に性格、気配りも忘れない出来た子であり、付近の男子にとってはアイドル的存在であるが、本人はそのことには全然気づいておらず、誰にでも普通に接する。
本名はショコラだが、みんながみんな「ちょこ」と呼ぶので、もはやちょこが本名のようなものになってしまっていたりする。
初めて会ったときから、ジンタに淡い想いを抱いていたが、二年ほど前に、ついに猛烈なアタックにより交際をはじめ、今に至る、現在においても、主導権は、積極的なちょこにあるようだ。
レベルで換算すると1500くらい(!!)になるロードナイトに兄がいるが、兄は猛烈な方向音痴であり、4年前「コンビニいってくる」と言い残して行方がわからなくなっている。



・十六村(ししむら) アイス

こまちの弟であり、弱冠9歳でありながら、ガンスリンガーでもある、「明けの明星」のバイト
こまちの破天荒な性格とは対照的に、非常におとなしい、思いやりのある性格で、これはこまちを反面教師にした結果だと、まわりは語る
母親ににた女性的な顔立ちをしていて、さらに母子家庭で育ったためか、どことなく言動も中性的だが、環境が環境なので仕方がないのかもしれない。
ジンタやまてつをお兄さんのように慕っており、ケーキ屋のバイトが終わると、きまって深緑堂でお菓子を食べていく、好きなものは大福とほうじ茶
やや気弱な印象をうけるが、こまち家の立地条件(グラストヘイム左隣、つまりニブル)のためか、深淵も銃で倒すくらいにつよかったりする。



・センパイ&ヒビキ

深緑堂の常連客、お客なのであまり深緑堂陣との会話はないが、二人の会話から察するに、大学の先輩後輩で、二人は同居しているらしいということがわかっている、ほぼ毎日深緑堂に来ては、ミタラシ団子とホットウーロン(あと気分によって追加メニュー)を食べていく。センパイは、なにやら体育会系のサークルに参加しており、非常に豪快、かつ全力でバカ、逆にヒビキくんは、文科系サークルに参加していて、非常に冷静、とてもクール、しかしとても仲はいいらしい。
まてつは、二人を「すっごい仲がいいな〜」と思っている。
ジンタは、二人を「毎回後輩が払ってるけどバイトしてねぇのか先輩」と思っている
こまちは、二人を「あの二人絶対デキてるわね」とおもっている。


今日はそんなとこ☆
posted by マテツ at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。