2006年09月30日

最近がんばってるよ

ま「ちび、ザラメとって〜」
す「( ・w・)ノ□」
ま「あ、あとそっちの片栗粉もお願い」
す「( ・w・)ノ□□」
こ「あら、ちびすけも手伝ってんの? えらいじゃ〜ん」
ま「もうそろそろ開店だしね、いそいでアンコと団子仕込まなくちゃ、こまちも手伝って」
こ「あ、アタシパス
ま「即答!? っていうかバイトだよね、こまち!?」
こ「ごっめーん☆ アタシも最近狩りのほうでがんばっててさぁ、疲れてんのよぉ、後もうちょとでレベル84になるのよ」
ま「へぇー、がんばってるね〜、最近1.5倍とかあったから一気に育ったもんね」
こ「でもさぁ、あの二倍期間の仕様はあんまりよねー、仕事してる人って全然狩れなかったもの」
ま「だねー、あれだったら1.5倍をもう一週間やればいいのにね」
こ「まったくよ、ちっともプレイヤーに優しくないんだから」
ま「まぁまぁそういわず・・・・あ、ちびごめーん、向こうの大釜動かしといて〜」
こ「ちょっと店長! あの釜、もち米満載でしょ!? しかもアタシらよりでかいのにちびすけに運べるはず・・・・」
す「( ・w・)ノ
こ「!!??」

今日はそんなとこ☆

そして今回から小説を少しづつのっけていきまーす

りとる・すとぉりぃ 〜小さなオイラのでっかいボウケン〜

第一幕「オイラとボウケンのきっかけ」

その一「オイラのこと」

オイラは野良猫、名前はチップ
名前の由来は特に無い、生まれたときから両親なんていなかったし(なんでだろう? オイラは捨て子だったのかも)、だから名前も無かったんだけど、やっぱり無いと不便な気がしたんで、自分で名前をつけたってだけ。
名前も寝床も食べ物を、とにかく自分で見つけこなくちゃ、野良猫って言うのは生活できないんだ。
結構ハードかもしれないけど、友達と気ままに遊んで、食べて、寝る、これってジュージツって言うんだと思う。
でもでも、猫ってのは(多分、他の生き物もそうだとは思うけどさ)時にひどく、シゲキって物が欲しくなる。
あの日も、確かそんなことを考えながら目を覚ましたんだっけ――――
posted by マテツ at 19:30| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。